目標・計画

平成30年度 江東区立第五大島小学校 経営計画

体罰防止宣言⇒

いじめ防止基本方針⇒

こうとう学びスタンダード(江東区公式ホームページ)⇒

 

校長 小野 春彦

1 教育目標

◎心ゆたかな子   (◎は本年度の重点目標)

○けんこうな子

○よく考え、努力する子

2 経営方針

目指す学校像

○ 児童にとって、毎日笑顔で通える学校

○ 保護者、地域にとって、安心してこどもを任せられる親しみのある学校

○ 教職員にとって、こどもの成長を共に喜び、誇りをもち、やりがいのある学校

 
 

 

 

◎ 思いやりの心や感謝の心を育む学校

◎ 健やかな心と体を育む学校

◎ 学ぶ楽しさや喜びが味わえる学校

目指す児童像

◎ 心ゆたかな子

・ 自他の生命や個性を尊重し、互いに励まし合い、協力し合い、助け合う子

・ 4つの「あ」(あいさつ、あつまり、あんぜん、あとしまつ)を実践する子

・ 礼儀を身に付け、相手の気持ちを考えて行動する子

○ けんこうな子

・ 運動に親しみ、体力を高めようとする子

・ 自らの健康に関心をもち、規則正しい生活をする子

○ よく考え、努力する子

・ 楽しく関わり合いながら主体的に学ぶ子

・ 自分の考えを分かりやすく表現できる子

目指す教師像

○ 児童の心をつかみ、生命、人権を尊重する人間性豊かな教師

○ 児童理解に努め、確かな学力・体力・健全な心を育むことができる教師

○ 児童の変容を目指し、向上心をもって学び合える教師

○ 職層に応じた責務を自覚し、課題の解決に向け全力を尽くす教師

経 営 理 念

「すべてはこどもたちのために」を学校経営の理念として、全教職員が協働し、学校経営計画の実現に向けて、児童への指導・支援に当たる。

○ 一人一人の児童、笑顔を大切にする。

→確かな児童理解、授業力の向上、支持的風土の醸成

○ 学校を守る。(児童の命・人権を守る 安心・安全を第一に考える)

   →人権感覚を磨く、危機管理能力の向上

○ よりよい学校をつくる。(常に「こどものためになるか」を評価基準とする)

→学校評価(児童・保護者・地域・教職員)による改善

3 経営目標 

重点領域1

豊かな心と素直で思いやりのある態度の育成

中期経営目標

・自他の生命を尊重し、互いに認め合える豊かな心を育てる。

・誰に対しても分け隔てなく接し、思いやりの心をもち、行動できる児童を育てる。

短期経営目標

・支持的風土のある温かい学年・学級・専科経営を実施し、思いやりの心を育てる指導を通し、いじめ等の問題行動を未然に防止する。

・すすんで、4つの「あ」(あいさつ、あつまり、あんぜん、あとしまつ)を実践する児童を育てる。

・交流活動等を通して、共生社会の一員としての人間性、社会性を育む指導の充実させる。

項目

努力指標(教師側)

成果指標(こども側)

支持的風土のある温かい学級経営、専科経営を全教員が実施する。

「友達の良いところを見つけ、いろいろな友達と協力して活動している」児童95%以上を目指す。

多様性を受け入れる交流活動(異学年交流活動、お年寄りとの交流活動、園児・生徒との交流活動)を全学年で充実させる。

「お年寄りや下級生に親切にしている」の児童が95%以上を目指す。

 

人権教育及び道徳教育全体計画に基づき、「特別の教科 道徳」の内容を100%実施する。

素直で思いやりのある行動が取れる児童を

90%にする。

年3回のあいさつ旬間を実施するとともに、学校や地域で様々な人にすすんであいさつができるよう日常的に指導を徹底する。

「あいさつは笑顔が だ・い・じ(誰にでも、いつでも、自分から) を心がけ、気持ちの良いあいさつをしている」児童の肯定的評価を

95%以上にする。

担任やSCによる教育相談体制を充実させ、

いじめ、不登校、問題行動等を未然に防止する。また、いじめの早期発見、早期対応・解消をするために学校いじめ対策委員会に報告し、いじめ防止基本方針に基づく組織的対応をする。

・「先生に困ったことを相談できる」児童85%以上を目指す。

・全国学力学習状況調査の児童質問紙「いじめはどんなことがあっても絶対にしてはいけない」と回答する児童を100%にする。

「五大小の約束」を月1回振り返らせ、きまりを徹底させる。

「五大小の約束」を理解し、守ることができる児童の肯定的評価を95%にする。

オリンピック・パラリンピック教育推進校としての取組を100%実施する。特に、障害者スポーツの体験を通じた人間理解を深める。

オリンピック・パラリンピックへ関心や興味が高まった児童を90%以上にする。

重点領域2

確かな学力の向上  よく考え、努力する子の育成

中期経営目標

・基礎的・基本的内容の定着を図るとともに、新学習指導要領の趣旨を踏まえ、児童にとって「主体的・対話的で深い学び」となる授業を実施する。

短期経営目標

・「できる、楽しい、関わりのある授業」「学びタイム」による基礎学力の定着を図るとともに、「主体的・対話的で深い学び」を促す授業を行う。

・読書習慣を定着させる。

・「こうとう学びスタンダード」の指導を徹底し、児童への確実な定着を図る。

項目

努力指標(教師側)

成果指標(こども側)

「学年の漢字・計算力」を定着させる指導、指導資料を活用し、「国語、算数、英語スタンダード」の内容を身に付けさせる指導を全教員が実施する。

「授業が楽しく、よく分かり、学習したことが身に付いている」児童の肯定的評価を95%以上にする。

 

・1単位時間の授業スタイルの徹底、課題解決学習の充実を図り、「できる、楽しい、関わりのある授業」「主体的・対話的で深い学びを促す授業」を実施する。学習内容に応じ、ICTを有効に活用する。

「友達と話し合い、問題を解決したり、新たな課題を発見したりする学習が楽しい」児童の肯定的評価を90%以上にする。

 

・各教科等の学習で学校図書館を活用させ、

100%利用できるようにする。

・図書室の整備・充実を図るとともに、年2回読書月間・親子読書を設定し、全学年で読書活動を推進することにより、児童の読書量を増やす。

「読書が好きで、よく本を読む」児童の肯定的評価85%以上を目指す。

 

「学び方スタンダード」の8つの項目についてすべての児童に身に付けさせる指導を100%実施する。

「学び方スタンダード」の8つの項目について、身に付ける児童95%以上を目指す。

 

重点領域3

体力の向上、健康の保持増進   心身ともに、けんこうな子の育成

中期経営目標

運動に親しませ、体力・運動能力の向上を図るとともに、健康の保持・増進に努める。

短期経営目標

・「体力スタンダード」を確実に実施し、運動に親しむこどもを育成する。

・体力(特に投力、握力)を高めるための指導の工夫・改善を図る。

・家庭と連携し、基本的生活習慣の定着を図る。

項目

努力指標(教師側)

成果指標(こども側)

体育の授業では、「わくわくタイム」を確実に取り入れ、工夫・改善を図るとともに外遊びを奨励し、運動の日常化を図る。

・「体育の授業や休み時間に元気いっぱいに運動している」児童を90%以上にする。

・体力テストの結果、「投力」「握力」の平均値を昨年度以上にする。

オリンピック・パラリンピック教育推進校としての取組を100%実施する。特にオリンピアンやアスリートを体験教室の講師として招き、スポーツに対する興味・関心を高める。

オリンピック・パラリンピックへ関心や興味が高まった児童を90%以上にする。(前掲と同様)

・毎月、栄養士による食育指導を実施し健康のための食事についての意識を高める。

・養護教諭を中心とした歯磨き指導(3年)、手洗い指導(1年)、発育指導、疾病予防指導、アレルギーに関する指導(全学年)を実施する。

「早寝、早起き、朝ごはんができている」児童

95%以上を目指す。

重点領域4

保護者・地域の教育力を活かした教育の推進

中期経営目標

保護者・地域に開かれた学校づくりを進め、外部の教育力を活用し教育の充実を図る。

短期経営目標

・地域の環境や施設、人材を活用した授業を実施し地域に親しみをもつ児童を育てる。

・学校の情報を保護者や地域に発信し、理解を求めるとともに信頼が得られるようにする。

項目

努力指標(教師側)

成果指標(こども側)

保護者や地域に教育方針や、学校の様子を伝えるために、校門横掲示板、廊下掲示板、ホームページを月1回以上更新する。

「開かれた学校づくりに努めている」の項目で保護者の肯定的評価95%以上を目指す。

・「学校での出来事を家で話している」児童85%以上を目指す。

地域の施設や人材の活用、開校60周年記念諸事業を通して、地域への理解を深めるとともに地域の一員である自覚を高め、郷土愛を育む。

・「地域の学習、地域行事、PTA行事に楽しく参加している児童」を90%以上にする。

 

児童が地域学習や地域・PTA行事に楽しく、積極的に参加できるようにする。

重点領域5

安心・安全な学校づくり

中期経営目標

「自分の身は自分で守る」危機管理能力を育成する。

短期経営目標

・発達段階に応じた危機管理能力を身に付ける指導を行う。

・いじめの未然防止に向けての指導を繰り返し実施する。

項目

努力指標(教師側)

成果指標(こども側)

全学年で安全指導を確実に実施する。

交通安全教室を全学年で実施する。

安全に関する意識が高まった児童を95%以上にする。

避難訓練、セーフティ教室、薬物乱用防止教室を100%実施する。

避難訓練や安全の学習に真剣に取り組み、自分の命を自分で守ろうとしている児童95%以上を目指す。

いじめの未然防止・早期発見・対応のための体制を整え、いじめのアンケート調査、ストレス・怒りをマネジメントする指導を100%実施する。

いじめ・不登校・問題行動の発生率を昨年度より低くする。

 

更新日:2018年08月31日 16:27:44